医療の発展は著しいが治療よりも予防が遅れている

四十肩・五十肩の治療にはお灸が効果的!?

四十肩、五十肩の治療の1つとしてお灸があります。お灸はツボを刺激していくことで体の機能を活性化させていく効果があると言えるでしょう。痛みの緩和だけでなく、それ以外にも体にとって良いメリットが期待できる場合があります。

お灸は、薬などに頼らずに痛みを取っていきたいと考えている人向けの治療であると言えるでしょう。四十肩だけではなく、身体的なさまざまな症状において効果的と考えている人もいます。

痛みを何とかしていきたい、痛みが大きくなる前に何とかしていきたいと考えている人にとっては手軽かつ、効果が期待できる治療として人気があります。

お灸を受けようと思った際には、確実な腕を持っている人が行なっている場所に足を運ぶことが必要です。HPの確認や実際の問い合わせなどを行い、信頼できるところを選びましょう

体を全く動かさないで、お灸はあまり意味がない!?

痛みの緩和、症状緩和のためにお灸を行なうことは良いと言えますが、肩を全く動かさない、負担のかかるような姿勢を取っている、動かし方をしている状況で、お灸を受けたとしても当然効果はあまり期待することができなくなってしまいます。
一時的に良くなるかもしれませんが、姿勢や動かし方の改善をしていかないかぎり、あくまでも一時的な効果で終わってしまうと言えるでしょう。
せっかくの治療もあまり効果的ではなくなってしまうことになります。

これではもったいないと言えるので、お灸を受けつつも、運動を行い、症状がひどくなってしまわないようにしておくことをおすすめします。

運動ができないくらい痛い、痛みが激しい場合には、まず痛み止めなどの薬をもらって症状の様子を見ておく必要があります。場合によっては、四十肩などではなく、炎症が起こってしまっている可能性はあります。炎症が起こっている場合、肩を動かすことはしてはいけないことが多いため、非常に注意が必要と言えるでしょう。

肩の治療だけに限りませんが、1つの治療に頼ってしまい、他の要素を疎かにしてしまうのは、どの様な症状であっても効率的な治療に繋げることはできないと言えます。複数の治療、対処を同時並行させていくことで、効率的な状態回復を目指していくことができるでしょう。